サブコンテンツ

毎月の返済額はどうやって決まるの?

毎月の返済額は審査によって決まるのではなく、借りる前から知ることが出来ます。
返済額とは元金と利息を合わせた金額の事を言います。
利息とは、元金に対して一定の利率をかけて出てくる手数料の事です。
では、利息はどのように決められるのかというと、ほとんどの企業が最低金利を大きく載せていますが その金利も利息制限法という法律によって、借入限度額により上限利息が決められているのです。
つまり、借入限度額が少ないと低い金利で借りることは不可能なのです。
どこで金利を多く払わないようにするかは、最低金利を見るのではなく、最高金利で判断するのがいいでしょう。
金利を低くすることによって、毎月支払う返済額を抑えることが出来ます。
金利も年率表示が主流になってますので、借りる前にどの位利息を払うのか知る事が出来ます。
利息の計算方法は、利息=元金×金利÷365日×借入期間です。
この計算方法を知っておくと、自分が借入た金額に対して利息はどの位払うのかが分かります。
借入期間が短いほど払う利息は少なく済むのです。
カードローンを利用するとなると、返済方式は通常リボルビング払いが主流となっており、その支払方法は 借入残高に応じて利息が発生するもので、借入残高の減少にともなって支払利息も減少していきます。
つまり、無理をしてでも多めに返していくほうが元金を減らすことが出来るので支払う利息を抑えることが出来、 結果的に総支払額を減らすことが出来ます。
しかし、無理をしすぎて、高めの返済金額を設定していると急な出費に対応できず、新たに借入てしまう場合もあるので注意が必要です。
返済金額は無理をしすぎず余裕をもって金額を設定する事がいいでしょう。
少ない返済額でも、余裕をもっていれば返済日以外に繰り上げ返済することも出来ますので、元金を減らすことが出来ます。
繰り上げ返済を利用すれば短い返済期間で済むことになります。
申込みをする前に返済シミュレーションをインターネットで出来たりしますので、それらを利用して自分に合った無理のない 返済計画を立てるといいでしょう。
銀行カードローンによっては、銀行の普通預金口座を持っていたり、利用したい銀行で公共料金の引き落としをしているかによっても金利が優遇されたりします。
どのような方法で金利が決まるかは銀行によりますので、返済額と返済できる利用可能ATMの確認や、その提携金融機関でのATM手数料がどのくらいかかるかも きちんと調べておいたほうがいいでしょう。
繰り上げ返済するたびに手数料がかかってはもったいないです。
繰り上げ返済をしたくても、窓口の業務時間外や銀行休業日にしか返済する事が出来ない人がいると思います。
そういう場合は、スマートフォンを利用した モバイルバンキングからの返済が24時間可能だったりするところもあるので、そういうサービスを行っている金融機関のカードローンを上手に 利用して、自分に合ったところから借りるといいでしょう。

このページの先頭へ